櫻井勇希の公式ブログ

ツラツラとボクの日常を書き殴ります。

自分自身の「軸」が人生の計画の中に盛り込まれているか?

はぁ。。。

自宅の引き渡しの立ち合いが

今日だったんだけど、途中で気が付いたんだ

 

「鍵忘れた・・・」

 

これはやってしまった。

結局、本日の予定をリスケして

内見で済ませることになった。

 

予定して頂いていた

不動産の方には大変申し訳ないことをした。

 

仕事で使う名刺入れとジャケットは

あっちにあるから、どっちみち

今夜行かないとダメだな。

はぁムダに疲れる。

 

最近また読書を猛烈にするようになったのだけど

(大体1日1冊)

最近、とても印象に残った本があった。

 

株式会社SHOWROOM

代表取締役社長の前田裕二氏の

渾身の一冊。

 

この本はそこまで掘り下げて話をしないけど。

この本の中で、自分の人生のコンパスを

持つことの重要性を説いている。

 

要するに、人生を賭けて熱狂的に取り組む

仕事や事業を決定させて、掲げた目標に

対してどのように、どれくらい、何をするのか?

 

間違った方向に、間違った努力をしてしまうのは

とても無駄な事だということを仰られている。

 

まず、「人生のコンパス」という単語を

覚えておいて頂いて・・・

 

よく飲みに行く人とすれば

友達がほとんど居ない僕としては

弟と飲みに行くことが多い。

 

ほとんど、思考とか仕事とか

もっと伝わりやすい話し方を

デキるようになるにはどうしたらいい?とか

将来、何者になりないんだ?など

 

真面目な話が多いんだけど。

その中で弟が良く言っていたことがある。

「軸なんだよ、軸。人生には軸が無いと

成功しない。成功者はみんなこの軸があると想う。」

 

あー、これは前田社長の「コンパス」と

ほぼ同義のものなんだなと想った。

 

その重要性に気付いてなお言い続けている

弟のことを素直に尊敬した瞬間であった。

それを、多少わかりやすく説いたのが

前田社長であったんだろうけど、

弟も思考としては、同等のものがあったのだ。

 

またこの事象を少し角度を変えて観てみると

自分が賛同した意見を前々から言っていたものに

対しては、強いリスペクトを感じるのかな?

ということも同時に想ったりした。(まぁいいやw)

 

コンパス・・・軸・・・

コンセプト・・・テーマ・・・

 

人生をやっていく上での大義名分

 

僕は今、結構忙しく仕事をさせてもらえている中で

とても大きい幸せを感じている。

 

一般的には、プライベートな時間もなく

仕事にガッツリ拘束されることは

望まない人のほうが多いのかもしれない。

 

でも、僕はまったく逆で仕事に馬鹿みたいに

途方もくれるような時間数働くことは

苦痛でもなんでもなく、活かされている

「あぁ、誰かに必要とされて、この仕事が

あるんだなぁ」と、幸福を感じる。

 

日々考えて、考えて自分の環境や状況を

更に良くしたいし、関わってくださる方々には

もちろん幸せになってほしいと想う。

 

そのために自分が仕事をしている。

人に与えられた作業ではなく、自分たちで

考えて推し進める事業が上手く行けば最高。

事業が上手く行くということは、対象者(クライアント)

にもメリットを与えることが出来ているということ。

 

これ以上の幸せがあるだろうか?

 

僕の価値観に於いては、至上の幸せである。

 

なるほど、これが僕の「軸」なんだなと決定づけた。

 

自分の働きによって、他者を幸せにする。

結果的に、我々も幸せを与えていただく。

 

世の中を取り巻く人間関係は非常に

複雑で、時にはストレスも感じることがある。

それでも、やっぱりヒトとヒトの繋がりは

重要であり、多少の選別は必要であれど

人と築く「絆」をより意識していく必要が

あるのだなとつくづく思う。

 

中にはやりたくもない仕事を扱うこともある。

でも、真剣に打ち込めばちゃんと成果が出る。

そうすれば、幸せになる人がまた生まれる。

これでいいのだ。

 

一切やりたくないことを避けて突破するほど

実力がある人間ではないから受け容れる。

 

1個下の弟から強烈に学ぶ兄というのも

また珍しいのかもしれないけど

そんな敬える存在が身近に居てくれるのも、非常にありがたい。

 

僕の周りはとてもコンパクトに整理されている

所有物、人間関係、思考。

 

増えれば増えるほど、管理しなくてはならないし

何が必要で、何が不要か?が、分からなくなる。

 

少しでもすっきりさせた状態で日々生きていきたい。

これは自分のこだわり。

 

自分が生きていく上での「軸」

これが決まると、あとは狂ったように

それに打ち込むだけなので、とても

シンプルな勝負なっていく。

 

「軸」に基づいて生きている人を見ると

迫力、オーラがスゴイ。

 

目標に向かって振り切る。

 

コンパスが指す方角に向かって。