マーケティングの鬼となり、時代を飲みこめ!

時代や環境と共に、目まぐるしく変化するマーケティング。過去を分析して、先を見据えて、今を判断する力・・・これからの時代、ますます重要になってくる気がするなぁ。

【マーケティングの種類ってどれくらいあるの??】・・・マスマーケティング?Webマーケィング?全て覚える必要はない!!

本当に多くの「種類」と、「呼び方」が存在します。

これはマーケティングを始める人を混乱させます。

 

確かに「狙うターゲット」によって、「使うコミュニーケション

チャンネル」によって、「手法」によって、多くの種類のマーケティングが存在します

 

多くの種類や呼び方があります。

これが混乱を呼び起こしているのですが、こればかりはどうしようありません・・・。

 

でも、気にしなくていいです。

全てを覚える必要はないです。自分に必要な事だけを覚えればいいのです!!

 

犬を買うために全ての犬種を覚えますか?

それはしないですよね?そういうことです。

ただし、犬を飼うのであれば自分の欲しい犬種の名前と

その特徴などはしっかり覚えないと、良い子犬を見分けることも

ペットショップで犬小屋やリードを選ぶ区ともできません。

 

それと同じです。

マーケティングも自分に関係ありそうな所だけを

しっかり覚えればOKでしょう!!

 

最後によくあるマーケティングの名前をいくつか紹介して終わろうと想います

 

【◆狙うマーケットによる種類】

「BtoBマーケティング」 

「BtoCマーケティング

「富裕層マーケティング

アンチエイジングマーケティング

「F3マーケティング

 

【◆使うコミュニケーションチャネルによる種類】

「マスマーケティング

ダイレクトマーケティング

「Webマーケティング

「Eメールマーケティング

テレマーケティング

「口コミマーケティング

 

【◆手法によるマーケティング

「インテグレートマーケティング

クロスメディアマーケティング

マルチレベルマーケティング

 

【◆その他】

「ソーシャルマーケティング

 

1つ、1つの開設は割愛しますが、

自分に必要なものだけを深めて知識を養えばOKですよ!