マーケティングの鬼となり、時代を飲みこめ!

時代や環境と共に、目まぐるしく変化するマーケティング。過去を分析して、先を見据えて、今を判断する力・・・これからの時代、ますます重要になってくる気がするなぁ。

経営戦略とマーケティング戦略の密接な関係

 

マーケティングとは「売れる仕組みを創ること」と、このブログでは定義しています。

 

企業の目的が収益を上げることであるなら、その収益とは売上から経費を引いた残りですから、収益の原資は売上と言えます。

ですから、「売れる仕組みをは創る」というマーケティング戦略は、経営戦略の中でも極めて重要であり大きな要素です。

 

先に結論を言ってしまうと、マーケティング戦略は経営戦略の中の一つの要素です。

即ち、【経営戦略】>【マーケティング戦略という関係性です。

 

 

なぜイコールではないのか?

 

例えば、素晴らしい製品を作って販売したと想定しましょう。

 

その製品企画やそれに関連したリサーチ、販売予測、PRプラン、チャネル(販売代理店)の構築、販売計画などは「売れる仕組み創り」ですのでマーケティング戦略に入ります。

 

一方、その工場を建設するための資金調達や、用地買収、建設計画、人材の採用や研修、組織計画などがマーケティング戦略などに入るかと言えばやはり少し無理があります。

これらは経営戦略の要素であっても、マーケティング戦略ではありません。

 

ちなみになぜ多くの学者や経営者が定義の教会を曖昧に書いているかと言うと、

マーケティング戦略をを基準にして経営戦略を考えようという考え方が主流になっているからです。

 

競争が激しくなり、生き残りを模索する中で多くの企業はもっと市場を理解し、つまりマーケットと最も近くで向き合っているのはマーケティング部門であり、戦略です。

 

日本でもマーケティングという仕事が見直され、多くの企業でマーケティングという名前を付けた部門が創設されています。

 

しかし現実には、日本の企業の中でのマーケティング部門の地位は、予算や権限から見るとまだまだ「企業の核」と言えるレベルではありません。

残念な事ですが、販売成績の上がらなかった営業スタッフや、広告代理店と折り合いが悪かった広報スタッフなどをマーケティング部門に配属している企業さえあるそうです。

 

日本の経営者が「最高の人材はマーケティング部門へ」と考えるようになったときこそ

日本のマーケティングが世界と肩を並べたと言えるかもしれません。