マーケティングの鬼となり、時代を飲みこめ!

時代や環境と共に、目まぐるしく変化するマーケティング。過去を分析して、先を見据えて、今を判断する力・・・これからの時代、ますます重要になってくる気がするなぁ。

STP分析③

 

こんにちは、櫻井です。

 

本日でSTP分析について完結させていきます。

 

 

yukisakurai-luckystar.hatenablog.jp

 

 

yukisakurai-luckystar.hatenablog.jp

 

改めて、STP分析とは?

セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング

頭文字をとったものであり、

商品を開発・設計、販売を通して

より多くの利益を生み出して、

長く生き残り続けるために

的確な分析を行う際に活用するツールと言えます。

 

そして本日は最後の「P」

ポジショニングについて解説していきます。

 

ポジショニングとは?

顧客に対して、自社製品と他社の

違いをアピールする方法を考えること。

 

 

自社の立ち位置を明確にするため

ポジショニングを考える際には

「商品」、「サービス」、「ヒト」、「イメージ」

などの側面から差別化できるポイントを探る。

┗具体的には、ターゲットが重視する

購買決定要因(KBF)を用いた2軸のマトリクス

(※KBF=Key Buying Factorの略)

でポジショニングマップを作る。

※強みを「見える化」していくと

他社との差別化を考えやすい。

 

顧客に対して、自社製品と他社の

違いをアピールする方法を考える上で

ポジショニングをする際に気を付ける

3つのチェックポイントを紹介します。

 

 

①ターゲットのサイズが適切か?

 

┗適切なサイズのターゲットを設定する。

ポジショニングが成功したとしても

小さすぎる市場では、売上に限界があり、

 

大きすぎても、独自性を見出しにくくなる。

マーケットは大きいほうが良いし

競合は少ないほうが良い。と言うことを常に意識してほしいと想います

 

②狙ったポジショニングが正確に顧客に伝わっているか?

┗企業側が「こうありたい」と、想っていても顧客に伝わらないと意味がない。

受けて(顧客)に伝わる表現や訴求ポイントを探すこと。

 

③顧客の共感が得られるか?

┗共感が得られなければ、購買行動に繋がらない。

顧客目線で本当に正しいポジショニングになっているかどうかを考えること。

共感とは、ニーズの充足。欲求が満たされるということであり

これはセグメンテーションの記事でご説明したように、

相手(消費側)も気づくことが出来ていない、潜在している

ニーズを掘り起こして(顕在化)共感を得る活動を

していきましょう。

 

狙ったマーケットが十分な規模であること

それは、今後伸びてくる市場でも良いと想います。

というよりその方が良いです。(いわゆるブルーオーシャン

 

そして参入するマーケットに競合が少ないこと

を条件に、自身のサービスや商品が受け入れてもらえるか

どうか?を検証しましょう。

これが「共感」を得られるかどうか?ということです。

 

さあ、これにてSTP分析については

完結しました。

是非、日々のビジネス活動にこれを

活かしていただければ幸いです。

 

今後もマーケティングや投資などに

ついて記事を書いていきます。

 

企業や上司に依存しているうちは

絶対にお金持ちにはなれませんので、

いち早くそういった環境からの

脱却を果たしましょう。

 

その上で「自分で稼ぐチカラ」を身に付けていく。

 

自分で稼ぐ力を身に付ければ

自由が手に入ります。

 

そのためにまずやるべきことは貯蓄ですよ。

一生貯蓄をしようとしている人は

それを「いつか」使うことになるという

無期限貯蓄をするかもしれませんが

 

それはお金持ちなりたいのであれば、

すべき行動ではないです。

 

資金を作ってそれを投資に回しましょう。

投資と言うのは、株やFX、仮想通貨だけでは

ありませんよ。

 

もちろん失敗することもあります。

でも、人間は失敗を後悔して深く反省して

やっと成長するのです。

後悔とは、反省です。

 

大いに失敗しましょう。

成功体験は自分に慢心を生むだけです。

失敗するから、馬鹿にされ自尊心を

失くして、ダメな自分を受け入れることで

打たれ強くなっていきます。

 

そこで深く反省して、諦めず

また挑戦しましょう。

1000万貯めて投資を始めて

結局、全てを失った。

 

そしたら、また1000万を貯めて

再挑戦すればいい。

 

結局あきらめるのが早すぎるんですよ。

 

このブログは多くの人が見たいと

想う内容ではないと想います。

 

聴くに耐えないことをズバズバ

言いますし、普通に暮らしていくこと

つまり、企業に60歳まで勤めて

一生働くことを受け入れる人には

無意味なコンテンツになります。

 

少ないファンに向けて、良質な

情報をお届けしていきます

 

私は早期リタイアを真剣に目指します。

1日24時間の使い方を間違えないことですね。