マーケティングの鬼となり、時代を飲みこめ!

時代や環境と共に、目まぐるしく変化するマーケティング。過去を分析して、先を見据えて、今を判断する力・・・これからの時代、ますます重要になってくる気がするなぁ。

日本人の副業事情

 

おはようございます。

 

日本人がどのような副業をしていて

どれくらい稼いでいるのか?

また、副業に於ける人口(スケール)は

どれくらいか?

 

気になりますよね??w

 

まず、「なぜ副業をするのか?」という

動機ですが、これに関しては本業の収入が

生活していく上で、不十分だから。という

理由がほとんどを占めるのではないでしょうか。

 

私も、一時期は固定費(およそ20万円)

を払うことに四苦八苦して、これじゃ貯金なんか

できねぇな。と思って副業を始めました。

 

ブログ、投資、せどり(物販)など色々

やっていますが、 

最初に始めるにはブログが良いと想います。

理由は1つ。

 

時間もお金もかからないから。

 

在庫を持つ、資源を必要とすることは

それだけでリスクです。

 

軌道に乗るまでは、リスクを最小化(在庫を持たない)

して、成果が最大化するモデルにこだわるべきです。

成果の最大化はノウハウを得ることと、それ以上に

重要なのは、コツコツと継続させることです。

 

と、私の見解はこの辺にして、日本では

一体どれくらいの人が副業をしていると想いますか?

 

数年前の転職サイトの「副業実態調査」では

20.1%の割合でサラリーマンが副業をやっている

事が、明らかになりました。

これ以上に、会社にばれたくない人の回答も

鑑みると、もう少し数値は上昇するように想います。

 

大体4人に1人が副業をやっていると考えられます。

 

多くの会社で、副業を禁じていることと想いますが

憲法では副業を行うことは認められています。

就業規則が、憲法の上位に来ることなどありえませんので

実際は、本業に支障が生じていなければ企業は

認めざるを得ません。

 

では、副業を行っている20%の人々はどのような

副業を行っているか。を見ていきましょう。

 

10位:株

 

9位:運転代行

 

8位:FX

 

7位:治験

 

6位:宿直

 

5位:ネットショップ開設

 

4位:専門的なライティング

 

3位:せどり・転売

 

2位:アドセンス

 

1位:アフィリエイト

 

といった感じ。

 

投資とせどりは、知識や資源が必要になるので

個人的にはあまりおすすめしません。。。

私もせどりで1ヶ月あたり50,000程度

稼ぎましたけど、梱包とか相手とのやり取りが

なかなかめんどくさいです(笑)

いまはあまりやる気ないです。

 

副業始めようとしている人で

潤沢な資源持っている人はそうそう居ないので

ある程度資金を溜めたり、アフィリエイト

稼いでから、投資に移っていくのはいいかもしれません。

 

治験は1度やりましたが、お勧めできません。

なんか・・・自分がダメになっていくのが分かります(笑)

 

ネットショップ開設や専門的なライティングに

関しては、まさに専門的な知識がある人であれば

しっかり稼げますが、現代は転売サイトが非常に

充実しているのわざわざ、開設する必要性はないと

いう意見も多いようです。

 

結局、アフィリエイトが一番人気であることは

納得せざるを得ないということですね。

 

だから私も今こうやってやっていますしね。

 

例えば、この婚活の広告は私が設置しています↓

 

 ちなみに、これはこのリンクから登録をして

一度面談を受けるだけで、約10,000円の副収入が得られます。

しかも、自分の広告に自分が応募してもOK

 

(これをセルフバックと言います、

セルフバックがNGの広告も中にはあります)

 

セルフバックだけで副収入を作っても

限界があるので意味ないですけどね。

 

実際、アフィリエイトでどれくらい稼げるか?

というところですが、日本トップクラスの

方ですと、毎月1000万近く稼いでいます。

 

でも、そんなところに最初から照準を

当てていては、モチベが維持できません。

 

実際は多くが、5~10万円稼げれば良いほう

と言っておいた方が、現実的かもしれません。

 

月当りの収入が10万円を突破できれば、

30万円はすぐそこまで見えてきますが

それには、しっかりとした更新頻度に

SEO対策、ノウハウが必要になります。

 

30万を突破したらいよいよ100万に

向けて本格的に取り組むか。。。

という流れになっていきます。

 

 

アフィリエイトを行っている人の

平均収入は174,080円というデータがあります。

1日に必要な作業時間は2~3時間

それをどう感じるかは人それぞれです。

 

月500万稼ぐ人も、全体の5%と

高いとは言えませんが、実際には存在します。

 

なんだか、副業を強く奨めている記事みたいですが

まったくそんなことないです。

自由な時間を少なからず副業の時間に

充てなきゃいけないし、嫌いな事をしてまで

やる必要ないです。(というより好きじゃないと続かない)

 

始めてもしばらくは、無反応です。

収入に不満があったり、時間に少しでも

余裕がある人は、一考の余地はあるように想います。

 

この記事で言いたいことは、

企業から与えられる給料は、そうそう上がりません。

つまり、生涯年収(3億)を上げていくには起業するか

副業を本業ベースにして、周囲の2倍3倍・・・と

稼いでいった上で、結局独立するか。

 

「個人の力で稼ぎきる力」が知らず知らずのうちに

要求される時代になっていくと懸念しています。

 

そうなったときの、準備だったり先行投資だったり

するわけです。実際そうなったときに慌てても

もう時すでに遅しですからね。

 

どっかで、ちょっと苦労することは

絶対にムダにならないと想っています。