マーケティングの鬼となり、時代を飲みこめ!

時代や環境と共に、目まぐるしく変化するマーケティング。過去を分析して、先を見据えて、今を判断する力・・・これからの時代、ますます重要になってくる気がするなぁ。

SEOを行う目的

 

おはようございまっす!!

 

本日は、以前に書いたSEOって何?

の続編、SEOを行う目的について

書いていきたいと想います。

 

 

はじめに

SEOとは、検索エンジン

GoogleYahoo!

の検索結果に自分のブログや

ホームページを上位表示させることや

その技術のことだと説明しました。

「そもそもなぜ検索結果の上位に表示される必要があるの?」

という疑問をお持ちになるかもしれません。

しかしこれは、ウェブマスター(ウェブサイトを持つ人)

にとってはとても重要なことで大きな意味を持ちます。

ここでは、このことについて今一度じっくりと考えていきます。

 

SEOを施す目的とは

私もそうなのですが、

インターネットをやっている人は必ず『検索』という行動をします。

そしてその検索結果に出てきた最初のサイトや、

2番目、3番目のサイトをほとんどの確率でクリックし、

閲覧を開始します。

自分のサイトがとあるキーワードの検索結果において上位に表示されると

自分から「私のサイトを見てください!」と言わなくても

向こうから勝手に見に来てくれ、多くの訪問者を獲得できます。

これがSEOを行うことの基礎的・根本的な目的となります。

 

SEOのメリット

例えばあなたは、アフィリエイトをしており、

自分の運営しているブログやホームページに広告を貼っているとします。

そして当然のことながらその広告がクリックされたり、

そこから商品が売れたりすると、あなたは企業から報酬(広告料)

を貰うことができます。

ここでさらにあなたのサイトが、

よく検索されるキーワードの検索結果において

上位表示されていると仮定します。

どのようなことが起きるでしょうか?答えは簡単です。

あなたのサイトに購買意欲の高い訪問者が毎日毎日

たくさん訪れてくれるようになります。
そしてそれと同時に、広告のクリック回数や

商品販売の頻度もグーンとアップします。

すなわち、それに応じたたくさんの報酬を企業から貰うことができます。

ですから、このブログのようにジャンルをバラバラに

するのは、非常にSEOを施すうえでは不利ですし

本来このようにコンテンツは作りません。

まぁ逆にこういうスタイルでいったろ!って想っただけですw

 

まとめ

 少々単純化して説明しましたが、

SEOを行うことで得られる恩恵というのは、

だいたいこのような感じです。ストレートに表現しますと、

SEOというのは、主にインターネットを利用してお小遣いを稼いだり、

ネット上でビジネスを行っていくことにつながります。

もちろんそれ以外にも『情報発信の影響力を高める』や

『人気のあるサイトを作る』などさまざまなものに役立ちます。