櫻井勇希の公式ブログ

ツラツラとボクの日常を書き殴ります。

圧倒的な履き心地!【ビジネスシューズ】

 

サラリーマンと言えば、スーツを着て革靴を履いて、ビジネスカバンを持ってというのがスタンダードだ。

 

ちなみに想うことがあって・・・

 

靴が汚い人が多い。

 

別に悪口を言いたいわけではないのだけど、本当に多い。

スーツもよれよれ、ワイシャツの袖や襟も汚れているとくれば、いよいよ「ヤバイ」けど。せっかく良いスーツ着てワイシャツもパリッとしているのに、靴が残念だと・・・もったいなぁと想う。

 

僕は靴にはかなり気とお金を掛けていて、愛用しているブランドがあるからそれを本日は紹介していく。

ちなみに、靴は常に最低5足を履きまわすようにしている。

スーツ5着、靴5足理想的だと考えている。

 

僕が愛用しているブランドとは

 

SCOTCH GRAIN

http://www.scotchgrain.co.jp/top.php

 

 

スコッチグレイン SCOTCH GRAIN ストレートチップ OP0656 ブラック

価格:29,800円
(2019/1/14 23:03時点)
感想(0件)

 

HPを参照頂ければ、様々なモデルがあって

バリエーションも多彩。

そして、何よりの魅力なのが「日本製」だということ。

個人的に、足幅が広いので海外ブランドの靴はどうもしっくりこなかった

いろんなブランドの靴を履いた結果、このスコッチグレインがベストだった。

 

価格帯は3~5万と決して安くはないが、僕は全然高い買い物だとは思わない。

1万そこそこの靴を何度も履きつぶして、1足を履きまわす時期もあったが今では考えられない。

10万あれば、スーツに3万、靴に7万掛けるべきと言っても過言ではない。

 

1度履けば分かるはず。

高いものは良い、高い靴を履くべきだと。

 

そして何より、良い靴を大事に大事に履きこなすことは何とも言えない愛着が湧く。

自分の使うもの、自分を支えてくれている道具には愛情を持って、大切に扱うべきなのだ。

 

常識を覆す、大迫力!!【おすすめのスピーカー】

 

え、いきなり商品紹介?!

そう想った方も多いだろう。

 

そうさ、ふと部屋を見渡していたらスピーカーが目に入ったので、成り行きで自分が愛用しているBlutoothワイヤレススピーカーを紹介してみる。

 

それがこちら~

(ドドン!!)

 

 

Bluetooth ワイヤレス スピーカー おしゃれ 小型 高音質 重低音 パッシブサブウーファー搭載 iPhone Android 各種スマートフォン対応 レザー ブラウン シルバー ホワイト The Bull OF3E-WEBSP1

価格:7,930円
(2019/1/13 00:19時点)
感想(15件)

 

 

いままでいくつもの、スピーカーを使ってきたけど・・・

コイツはすげぇよ。

しかも価格が7,930円だと?!

コスパ良すぎ・・・

 

何がすげぇってとこが抽象的すぎてイライラしてくると想います。

このスピーカーの良いところを教えろよってことですよね、はい。

 

①両端に10wのフルレンジスピーカーが搭載されていて実質20wの最大出力のサウンドで素晴らしい重低音がイイ!

(EDMとか洋楽をよく聴く人にはガチでおすすめしたい)

 

②しかもちゃんとサブウーハーも付いているので、メインスピーカーだけでは補いきれない重低音もガッチリ拾ってくれる。

 

③あと、個人的にはデザインがマジで最高に良い感じ

(本来ならば、ここに自分が使っている画像を差し込むのだろうw)

(でもいまから写真をとってアップしてなんでめんどくs・・・)

どんな部屋にも「スッと」馴染んでいくと想う。

バブをお風呂に入れたときくらいの馴染みようだと想う

 

 

【送料無料】新バブオリジナルアソートパック 猛者セット 100錠入 3ヶ月分(医薬部外品) 【Kao 花王】(入浴剤セット 入浴剤 プレゼント ギフト 疲れ・肩こり・冷え症 )

価格:3,980円
(2019/1/13 00:31時点)
感想(101件)

 

1個だけ、「もっとこうなればいいのに!」っていうところを挙げるとすれば、ちょっと重いことかな、でもそれくらい。うん、それだけ。

 

僕はブログを書いたり、本を読んだり

HPを作ったり、色々と自宅で作業することが

多いので、スピーカーは結構こだわった。

 

もっと高いのだとそりゃあ音質もいいんだろうけど、

10,000円以上はつかいたくなーいw

 

以上、思い付きによるクソレビューでした。

(※品質自体は本気でおすすめしています。)

 

 

Bluetooth ワイヤレス スピーカー おしゃれ 小型 高音質 重低音 パッシブサブウーファー搭載 iPhone Android 各種スマートフォン対応 レザー ブラウン シルバー ホワイト The Bull OF3E-WEBSP1

価格:7,930円
(2019/1/13 00:36時点)
感想(229件)

有りの儘、有るが儘。

 

午前中は名刺の発注を済ませて、筋トレをしてダラダラしていた。これからブログを書き上げて仕事で使うフォーマットを作成する予定。

 

 「自分は何のために生きているのか?」

 

僕は、たまに、いや、しばしそんなことを考える。

こんな自分になりたいと想うことは多々あって、現実は全然前に進んでいなくてそのたびに落胆しては、セルフイメージを低下させて自信を失う。こんな感じの最悪のサイクルにぶち込んでいた時期があった。

今は「世界中の人と人をつなげる」という夢に向かって、SNSを使ったサービスを提供して日々活動している。

結局、やりがいとかモチベーションってのは、結果が出たことによるものであって、最初からやりがいなんて発生しないし、モチベーションってのも徐々に上がっていくものであって、それは時に下がったり上がったり乱高下するものだ。

 

 でもモチベーションは高いほうが良いだろうし、それによって仕事のクオリティがかわるというのならば、高い状態に保つことができるように努めたほうが良い。それは自分にとっても、お客様にとっても有益なことに直結する。

 

この前、元日に髪を切ろうと想って、普段通っているお店がやっていないから、適当に池袋で美容院を探して入ってみた。

ところが入ってびっくり。15時の予約で5分前にお店に入ったものの、「いらっしゃいませ」もなく、10分待たされる始末。挙句、謝罪もなく「もう少しで空くんで、お待ちください」と。出張前で急いでいたというものあるけど、何よりこの人に髪の毛を触られたくないな。と、想ってしまい・・・「申し訳ないけど、キャンセルさせてください」と伝えると「キャンセル料掛かりますが、よろしいですか?」と一言。

「もうなんでもいいや。」と、想って素直にキャンセル料を払って店を出た。

怒る気にもならず、相手の無神経さに呆れた、というかがっかりした。

 

この事象も、当事者からするととても腹立たしいことで、人によってはキャンセル料なんか払うか!と、声を荒らげる人もいるかもしれない。

しかし、僕は仙台行きの新幹線の中で、見方を少し変えて考えてみた。

本人は本当に悪気がなかったのか?なんか、僕が機嫌を損ねさせることをしたのか?

相手も店員さんと言えど、人間だ。ストレスでも溜まっていたのか?

悪気が無かったのであれば、今回のケースに於ける正しい対応を教育していない店舗にも責任はあるし、本人だけが悪いということにはならない。

機嫌を損ねさせる悪態は当然ついていないが、少ない確率だろうが僕にも責任が生じたのかもしれない。私情を仕事に持ち込むことはダメ。そんなことは分かっていても、彼氏に振られたとか、愛するペットが亡くなったとか、「止むを得ない」事情が彼女にもあったのかもしれない。

それを「あの店の店員は態度がワルい」と片付けてしまうのは、口コミサイトではOKだとしても、人間の思考能力や思慮。流行りの忖度(もう流行っていないか)という側面から見てみると、少し単純明快すぎるような気もする。

 

彼女もなにか志を持って、美容師という職に就いているはず。それが日々に忙殺されて忘れてしまっていたり、想っていた状況との乖離によって不平・不満が生まれていてそれが接客態度にでているのか、若しくは意図的に出しているのか?それは本人にしか分からない。

 

そこで、「お前は態度が悪いな。」などと言い付けたところで効果はゼロ。それどころかマイナス要素にしかならない。本当は髪を切ってもらって、きちんと「ありがとう」と言えばよかったのかもしれない。けど僕にそんな大人な対応はできなかった。

別に、怒り狂ってキャンセル料を負けさせるとかそういうことをしたかったわけでもないが。

 

やりたいことだけで生きていける。というような、風潮が最近は強まってきているような気がするが、それは本当にごく一部の人間に与えられた「スペシャリティ」であって、誰でもそうなれるわけではない。

むしろ「楽しくないことも楽しむ」といった矛盾とも捉えられかねない論理が必要だと感じることのほうが多い。仕事は苦しいことの連続で、成功なんて一瞬しか訪れなくてあとは、失敗や間違いの連続。普通に考えていたらやっていられない。

でも、給料をもらうという権利と引き換えにのその義務を仕方なく果たす。

世の中の秩序が保たれていて、多くは平均によって安心を得て、それを大多数の方は「安定」と呼ぶ。

 

例に出した美容院の話に限らず「なぜあなたはこの仕事を選択したんだい?」と問いかけたくなるような局面によく遭遇する。

仕方なく、とりあえず・・・そうなのかもしれないけど。

実際に足を踏み入れてみて「なんか違うな」と想ったらまた別の道を探ってもいいと思う。

目の前の人すらハッピーにできないことを仕事にして20万そこそこの給料をもらっても「自分は何のために生きているのか?」と僕なら終始、自問自答を繰り返すだろう。

僕自身も今の本業はまったく自分の望む世界ではない。でも、やりたいこと成し遂げたいことがあるから、今は「仕方なく」やっているよ。今はね。

でも、仕方ない中でも、目標持って常にチャレンジしていれば、楽しさややりがいはいくらでも見出せる。

つまり、「なにをやるか」ではなくて、今の状況で「どうやるか」だということだと想う。達成の基準を自分で設定して、それを達成するたびに目標を上げていくことで、セルフイメージはどんどん向上していって、モチベーションも高いものになる。

そうなると更に結果が出るようになる。人に必要としてもらえる。その実感がまたセルフイメージをぶち上げる。

 

その中に「夢」があれば、いつかその夢は現実のものになっていくと信じている。

小さなことからコツコツと。ワープやショートカットは無いと知ること。

 

夢や目標っていうのは、必ず訪れるツラくて、苦しい時期を乗り越えるために必要な軸になる。だから夢は大きいほうがいいし、「どーせ無理だ。」と相手にされないくらいのデッカイ夢を持って生きたほうが毎日楽しい!

 

僕は僕の夢の実現のために有るが儘に生きていく。

 

目立ちたいと思わない事。地味にコツコツと。

 

 

 

 

 

 

 

【1日目】4連休!!イェーイ!!

 

絶賛、糖質抜きダイエットをしている櫻井 勇希です

 

まぁこれまで何度もやっているから、もう慣れたかな。

昨日は連休前ということで父親と酒を飲んでいた。

結構飲んで、今朝は多少グロッキーだったがたまにはいい。

 

昨日は唐揚げを食って、今日はケンタッキーを食べようかとw

(糖質抜きダイエットは唐揚げはOK・・・というマイルールwww)

あぁ、ラーメン食べたい、チャーハン食べたい。。。

3か月限定で追い込んでいきます。

 

1日1食&糖質抜きダイエットは最高に痩せる。リバウンドもしやすいんだろうけど

ダイエットも結果さえ出ればいいので、ごちゃごちゃ能書きを垂れて、痩せないよりはいいだろう。

 

個人的な偏見だけど、太っている人=意志が弱いという見方をしてしまいがちなので、

自分は体型に関してはシビアに考えている。第一印象って大事だしね!!

 

1日1食でよく平気ですねみたいなことを言われるけど、最初は確かにきついんだけど1週間も続ければ慣れるんだよね。

糖質抜きも、最初はマジで苦しむけどこれも1週間程度で慣れてくる。

最初は糖質が足りていないためか?手がプルプル震えてくるw

時間が無くて困っている人は、まず朝食と昼食を抜いてみるといいかもしれない。

1日1食と糖質抜き、どっちがキツイかと聞かれたら迷わずに糖質のほうがキツイと答える。最初は本当にキツイ。

これから始めるという人は、強い覚悟を持って頑張ってくださいw

 

1食にまとめると、いざ食べるとなった際のその量たるや半端ないw

ケンタッキーなら8ピースくらいは食べられる。

18時間胃を休ませると、空っぽになるらしい。

僕の場合は24時間休ませてあげるので、体調は良くなるし肌は綺麗になる。

睡眠も短時間で済むようになる。

 

本当に個人的に1日1食はおすすめしたい。

夜ご飯が本当に美味しく感じるし、究極に考えて食べたいものを食べるのでストレス解消にもなって最高だ!!

 

今日で2日目か・・・

2か月で8キロ痩せた前例に沿って目標を決めるとすれば、10キロだな。今75キロなので65キロ台まで落として、筋トレも適度にやっていこう。

 

年明けからSNSに無駄な時間を割くことも減って、結構いい感じに時間を使えている。

 

今日はこれから夕飯を食べて、資料を作り直して、読書をして、英語の予習。

今年は英語の習得にも相当な労力を投下する。最低でも、英語は話せるようにならないと自分の夢がいつまでも実現可能な範囲にすら入ってこない。

口だけのヤベー奴いはなりたくないので、毎日を大事に扱っていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

一日一食

やっぱり僕はこの生活サイクルが
最高に合ってる。

眠くならないし、集中力切れないし。

朝からプロテインだけ飲んで
夜ご飯をひたすら楽しみに
日中は仕事に全力で取り組むと。

食費も節約できて、時間も増える。

糖質もたまーに摂るくらいが
ベストなんだろうな。


昼飯食い終わって
机に突っ伏して寝てる人ばかり

そんな状況を見ると
これで僕は良いなと思う。

尽く理解されない様な
生き方をしていようとも

これが僕のスタイルです。